永代供養を千葉県で考える

永代供養を千葉県で考える

近頃、死やお墓関連のビジネスをよく聞きます。

死後の安らかな眠りに対しての商売とは、ちょっと不謹慎に思われますが、人々のライフスタイルの変化に伴い、最期を迎える前、またその後のことを、自分自身で考えなければならない時代になったということなのでしょう。

特に「墓を守る」ことが、残された家族や親類の負担となってしまう。

情がないと言ってしまえばそれまでですが、なにかとしきたりの多い日本の墓参は、煩雑になってしまうものです。

そうした負担を軽くしてくれる永代供養などは、どこのお寺でも見られるようになりました。

永代供養はお寺や墓地の管理局で、お墓を管理してくれるものです。

つまり、複数の遺骨を一箇所の施設にまとめ、お寺が責任を持って、遺族に代わり彼岸やお盆や命日に、文字通りずっと供養してくれるのです。

今回は千葉県の事情を中心に述べてゆきますが、事情は全国的にあまり変わりませんから、千葉以外の都道府県についても少しは参考になれると思います。

全国で増え続ける永代供養

マスコミが好んでよく使い、流行語にもなった感のある「絆」という言葉ですが、それとは裏腹に現代社会は家族の絆が希薄になっているようです。

核家族が増え、子供は少ない。

それどころか結婚さえしない人も珍しくありません。

高齢者には悲しい世の中です。

「自分が死んだ後はどうなるのか」という不安が膨らみ、死後のプランも立てる必要性がでてきました。

永代供養はそうした社会のニーズに応えたサービスです。

本来は遺族が墓を管理し、子や孫に引き継いでいくというものなので、こうした風潮に眉をひそめる人もいますが、仕方ありません。

とかく絆の薄いといわれる都市部で需要が多いことを考えれば、首都圏の千葉などの永代供養を知れば、その実態も見えやすいのではないでしょうか。

事実インターネットを開けば、東京や千葉をはじめとして埼玉や茨城、神奈川、静岡、山梨でもたくさんの永代供養してくれる施設が見つかります。

他の道府県にも少なくないので、全国的な現象となっているようですね。

千葉は永代供養に良い場所か?

生きている人が多い大都市は、当然死ぬ人も多いわけです。

死んだらお墓を作ります。

お墓を建てるなら、ごちゃごちゃとうるさい都会よりは、閑静で眺めのいい場所で永眠してもらいたいと考えるのは自然です。

そうなると、千葉県のように都会とのアクセスが容易で、海に囲まれ視界の開けたロケーションは、妙な言い方ですが「お墓を建てるのにうってつけの場所」とも思われます。

もちろん千葉には、永代供養をしてくれるお寺が数多くあります。

永代供養は遺骨をまとめて収め、ひとつの墓石(塔のような建物もあります)で管理するので、土地の足りない都市部に、都合のいい供養法ともいえます。

加えて、供養の負担も省いてくれるということで、永代供養を依頼する人も増加しているのだとか。

遺族がそうする場合もあれば、故人が「家族に押しつけたくない」という思いから、生前に準備をしておく場合もあるようです。

お墓の問題は誰にでもいつかは降りかかってくるもの。

きちんと計画していたほうが良さそうです。

「お金の負担」と「遺族の負担」

永代供養はいわゆる「合祀」です。

不特定多数の遺骨、位牌をまとめて供養するものです。

そういうと、ぞんざいに扱われているようなイメージがありますが、盆や彼岸にまとめて供養する他に、故人の命日や回忌を別に供養してくれる施設もあります。

たいていは供養墓、または供養塔といったものを建立し、そこで一括して納骨されるという感じです。

千葉県の場合もそうですが、施設によっては家族、夫婦というように、関係者だけでまとめられたお墓を永代供養してくれることもあります。

まとめて祀るということで、お墓を建てる際の金銭的な負担を軽くすることができます。

自分の生きた証しとして、立派で高額で、個性的な墓石を作るデザイナーもいるので、その逆のサービスというわけですね。

都会の東京、千葉辺りにはどちらのサービスも充実していますが、あまりお金をかけず、残された家族にも苦痛とならないように、永代供養という選択をする人が今では当たり前となっているそうです。

千葉の永代供養、料金は?

お墓は基本的にお寺の管轄なわけですが、葬式や檀家のお布施などと同様に、永代供養の料金もお寺の収入源の一つです。

こう言っては罰当たりかもしれませんが、お寺のしてくれることは意外と高額だったりします。

葬儀などの料金で「あんなことで、こんなにお金を取るのか」と驚いたり、憤慨した経験のある人も少なくないでしょう。

なにしろ形のある物品を買うというものではないので、相場が分かりにくいのがお寺に払うお金というものです。

千葉で永代供養を頼むと、どれだけお金がかかるのでしょうか。

お寺や、納骨の仕方でずいぶん変わるようなのですが、平均して50万円くらいだと思われます。

一般的に永代供養料は最初に一定の料金を払えば、その後に年会費や管理費を払い続ける必要はありません。

千葉の永代供養で、永久供養いたします

千葉県以外でも同じです。

ただ、お寺によっては、その寺の檀家にならなければやってくれないこともあるようです。

そうなると、お布施や寄付金を・・・という話にもなるので、注意しなければなりません。